最近のトラックバック

by PODCAST-BP

ペット

自分自身をFAXしようとしているネコ

自分自身をFAXしようとしているネコ

草投げ君・・・やない、草なぎくんの話題が続いて食傷気味の方にモッコリして貰いましょう。

あ、モッコリは草・・・・・もういいか。

ホッコリする写真はこれです。

GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090423_fax_cat/

こんなのファック・・・ファクスで来たら、和むなぁ。

Faxcat

飼っているペットの種類

飼っているペットの種類としては、鳥が減って、犬が増えている。1980年代はじめまで減少していたねこは、その後、増えている。

       所得向上、住宅事情改善、一戸建ての減少、高齢化などが影響しているとみられる。

       参考のため、性、年齢、住宅といった属性別の結果を掲げた。

       女性の方がねこの飼育が多い点、60歳以上の高齢者ではやや犬が少なくなり、ねこが増える点、一戸建てと異なり集合住宅では犬がねこを下回り、鳥類や魚類の比率も上がる点などの特徴が見てとれる。

全世代を通じて犬が人気、続いてネコとなる。

鳥が減っているのは、鳥インフルエンザの風評のせいか。

集合住宅で犬が少ないのは当然といえば当然。

ペット可の処が増えたとは言え、まだまだ一部だ。

高齢者の、余生の友としてのペットを考えると、共に住める環境を整備すべきであろう。


2500

盲目の猫救う“命のリレー”つながる

東京都江戸川区で、衰弱して車道をふらついていた1匹の老猫が保護された。

 両目を失明していたが、住民らは動物病院の手配や引き取り手探しに奔走。殺処分を免れる“命のリレー”がつながり、千葉県の女性宅で余生を送ることになった。

 12日午前。西葛西の船堀街道沿いにある配管修理会社の男性社員は、窓外のアメリカンショートヘアに気づいた。

疾走してきたトラックが危ないところで急停車。運転手は猫を抱き、歩道沿いの公園に移した。

 猫がまた車道へ出ようとしたので、男性の同僚、佐治美和子さん(45)が事務所内に猫を入れた。

 毛はよれよれで、やせこけていた。餌をやると「すごい勢いで食べた」という。

佐治さんは動物愛護協会や、都環境衛生課の動物管理係に電話。

近所の 「とおやま犬猫病院」は休診日だったが、頼み込んで診てもらった。

都は「江戸川区南部地区ペットクラブ連絡会」の柏木勇会長に連絡。

会内の愛猫家グループ 「ネコの会」の平井比佐子代表が病院に足を運んだ。

 10歳以上のメスで、両目は視神経の炎症で最近失明していたことが判明。

レントゲン検査で左の肋骨5本に骨折跡が見つかった。

遠山和人院長は「体のやわらかい猫が5本も骨折するのは不自然。虐待の疑いもある」と話す。

 引き取り手がないと殺処分される。「何とか飼い主になってくれませんか」。平井代表が翌13日、千葉県柏市の愛猫仲間、大森千代子さん(63)に頼むと、快諾してくれた。

 トラック運転手、配管会社員、獣医師、都職員、愛猫家。柏木会長は「平井さんも含め、誰か1人でもいなかったら、猫の命は助からなかった」と話す。

 老猫は「ネコの会」の松本トミカさん(66)がしばらく預かり、22日午後、大森さんに引き渡された。

大森さんは「せっかく助かった命。最期まで幸せに暮らしてほしい」と話している。

( 読売新聞)さんからの転載記事です。

いつもは、編集を加えるのですが、この記事は手を入れていません。


一匹のネコの話ですが、この様な思いが少しでも伝わればと思います。

小さな命のリレーが、大きな優しさに繋がればと思います。

200903258939991l

スーパー駅長 タマ電車 出発進行

 

スーパー駅長『たま』でお馴染みの和歌山電鐵

その、たま駅長をデザインした、たま電車【タマ電】が、21日から運行を始めた。

伊太祁曽駅で行われた出発式には、タマ駅長も出席して賑やかに行われた。

集まった観衆は、なんと2500人にも登ったと言う。

駅長マントを着て現れたタマ駅長は、運転席から出発の指示を出した。

ホントは寝て居たと云う声も有る。 「内緒だよ」!

が、そんなのは無視無視

普段は静かな山あいの【伊太祁曽駅】は、時ならぬフィーバーに包まれた。

南海貴志川線の時代には、考えられなかった事で有る。

その意味では、両備グループに移管されて大成功だ。

これから先も、タマ駅長に絡んだイベントは行われるとおもうが、タマの健康に充分留意して頂きたい。

イベント電車では在るが、1日6~13本される。


画像は市民列車で行こう!!「貴志川線応援ブログ」さんから
http://masatosan.blogzine.jp/cb/

Pict0852















Pict0802

101匹たまちゃん乱舞  たま電車出発進行

 

和歌山電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)の三毛猫駅長「たま」の姿をあしらった新車両「たま電車」(2両)の運行開始に合わせ、同電鉄は21日、伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山市)で「デビュー式典」を開いた。

 「たま電車」は今後、1日に6~13往復する。

 電車の車体には、跳ねたり、伸びをしたりするたまのイラスト101種が描かれ、車内には、点々と続く猫の足跡も。

式典には、たまも出席し、ファンら約2500人が見守るなか、運転台で、たまが「ニャー」と運行開始を宣言。

この後、たまは運転台で記念撮影会に臨んだ。

 大阪府池田市立五月丘小5年の野々口宥花さん(11)は「新しい電車が出来ると、和歌山にいるおばあちゃんに聞いて楽しみにしていた。たまがいっぱいいて、かわいい」と話していた。

イチゴ電車 おもちゃ電車に続いての登場は、和歌山電鉄の招き駅長、たま電車だ。

沿線を走行する姿を観るだけでも、楽しい気分になる。

このたま駅長、タイミングよく鳴いてくれるんだよね。

流石のスーパー駅長だ。

貴志川は、いちごの最盛期を迎えているはず。

貴志川には、和歌山電鉄で行きましょう。

2009032100000522sansociview000

ネコの名前 ベスト10

  猫の名前ランキング2009 ※( )内は昨年順位。

 【総合ランキング】
1位(1)=モモ

▽2位(4)=ソラ

▽3位(5)=サクラ

▽4位(-)=ココ
▽5位(2)=レオ
▽6位(-)=ヒメ
▽7位(-)=ミルク
▽8位(-)=メイ
▽9位(-)=コタロウ
▽10位(10)=マロン


 【男の子ランキング】
1位(1)=レオ

▽2位(3)=コタロウ

▽3位(2)=ソラ

▽4位(10)=コテツ
▽5位(7)=マロン

 【女の子ランキング】
1位(1)=モモ

▽2位(3)=サクラ

▽3位(7)=ヒメ

▽4位(9)=メイ
▽5位(-)=ミルク

私が、飼っていたネコに付けた名前が見当たりません。

お~い! 何処にいったんや~ 

  ぽち~・・・

”ぽち” 可笑しい?

私のネコ、ぽちと言う名前ですが・・何か?

ちなみに、犬はタマです。

実話です。

それでこんな人生、歩んでいます。

ほっとけ!


689

ネコ館長 一茶記念館に現る

猫の子がちょいと押さえるおち葉かな」-。

江戸時代後期の俳人小林一茶の作品と生涯を紹介している町立一茶記念館(長野県信濃町)に、来館者から「館長」と呼ばれる雑種の猫が姿を見せ、人気になっている。

一茶は大の猫好きで知られ、職員らも「一茶の生まれ変わりかも」と猫かわいがりだ。

 本名は「空(そら)」。

近所に住む雄の飼い猫で、今年夏の盆過ぎから客と共に入館してくるようになった。

館長のいすに堂々と座るため、自然と館長とあだ名が付いた。

 空はほぼ毎日、記念館に「出勤」する。

最近は自分で自動ドアを開けられるようになり、事務室の入り口で「にゃーん」とあいさつしてから、館長席に座る。

ただの猫なんだけど・・

こんな事言ったら実も蓋も無いか( ^ω^ )

閉塞感の漂う世の中、こういうニュースには癒されます

ネコ駅長・ネコ館長に続いて次は何が出てくるのでしょうか。


Kinenkan

猫 犬 ペットとの共生

ペットショップのショーケースに「陳列」される、ウン万円の子猫

じっくりと品定めされ、大金とともに取引される動物たちの裏には、処分される10万匹以上の子猫たちがいる。

捨て猫は動物愛護管理法の制定されても後を絶たず、住宅街では野良猫を見かけることも少なくないだろう。

岡山市では、そのような飼い主を持たない猫に対して、とある団体が救護活動をしている。

彼ら「地域ねこの会」は、野良猫の管理や、餌、不妊手術の面倒を見、猫との共生を目指しているのだ。

あらかじめ決まった時間に餌をやり、掃除をし、これ以上野良猫の数を増やさないために猫に不妊手術を施す。

手術済みの猫には目印として猫の耳にピアスをつけるという。

それでも岡山市の保健所には、野良猫の被害に関する苦情が数多く寄せられている。

また、「地域ねこの会」が餌やりをしている最中、野良猫の被害に合っている市民に取り囲まれ、警察を呼ぶ騒ぎにも。

共生することの難しさを痛感する。


「大きくなってしまったから」「子猫が生まれたけど、何匹も飼えないから」そんな理由で愛されなくなり、無責任にも捨てられる。

本来、ペットとは玩動物。

可愛がるための動物ではないだろうか。

飼い主の無責任な行動が、猫自身のみならず関係のない住民の迷惑になるのだ。


勝手に可愛がり、勝手に捨て、勝手に殺す。

人間のエゴによって翻弄される動物たち。

服を着せられリボンを付けられたペットたち

本当に幸せなんだろうか。

私には虐待としか見えない。

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ