最近のトラックバック

by PODCAST-BP

パソコン・インターネット

モバゲーとグリー

今、話題のモバゲーとグリーの戦い。
外野から見ればどちらもどちらって感じだね。
ビジネスモデルが同じならコマーシャルも同じ。
うっかりしているとどちらのコマーシャルか分からなくなってしまいそうだ。f^_^;)
どちらも楽しめるゲームは沢山有るのだから正々堂々と競い合って貰いたい。

Ipad使用開始

お久しぶりの更新です。
今日からipad で更新を開始します。
よろしくお願いします。cat
昨日、手に入れて設定したのですが還暦過ぎの脳にはきつかったのか、パソコン並みに発熱。flair

今日は、ご挨拶だけで失礼します。

国内100社以上が感染、新たな脅威“mstmp”出現

 トレンドマイクロは、「mstmp」「lib.dll」といったファイル名で拡散する不正プログラムが流行しているとして、注意喚起する文章を発表した。国内企業において、すでに100社以上の感染被害が確認されたという。

この不正プログラムはJavaの脆弱性を悪用するもので、改ざんされたサイトをユーザが閲覧すると、不正プログラムがダウンロードされるというもの。この不正プログラムは異なるプログラム(TROJ_DLOAD.SMAD、ファイル名「mstmp」)を作成し、そのプログラムがさらに別の不正プログラム(TROJ_EXEDOT.SMA、ファイル名「lib.dll」)のダウンロード→生成を繰り返し、最終的に脅威を広げていくものと見られている。
以上  RBB TODAY より転載

これも、コンピュータ インターネット社会の弊害だろう。

コンピュータに頼りすぎるのも考えものだ。

各社は万が一に備えて厳重な対策をしているのだろうが、思わぬ状況になることも考えられる。

万全には万全を期して行きたい。


116273


Google「ストリートビュー」 パスワードまで収集 グーグルは謝罪したけれど


インターネット検索大手グーグルは22日、インターネット上の地図で街並みの画像を無料で提供する同社のサービス「ストリートビュー」の資料画像の撮影時に、あやまって電子メールやパスワードを収集してしまったケースがあったと発表した。

同社は今後、プライバシーへの配慮の強化に努めるとして陳謝した。

 メールやパスワードが収集されてしまったのは、専用車両が撮影のため道路を走行している際、同時に暗号化されていないWi-Fi(無線LAN)データをも受信していたためという。

 
私もグーグルのGoogleearthをはじめGooglechromenなど同社のサービスは有り難く利用している。

しかし、Emailaddressやpasswordが収集されているとなると、呑気に有難がってもいられない。

同社が、意図的にそれらの情報を集めていたという疑念さえ浮かんでくる。

元よりこれは、他の業者にも言えることであるが、今後の対応次第ではインターネット業界の根幹さえ揺るがしかねない問題となろう。


Top


女性を乱暴するといった「凌辱系」ゲームの製造・販売禁止へ…

女性を乱暴するといった「凌辱系」ゲームの製造・販売禁止へ…


女性を乱暴するといった「凌辱系」と呼ばれる日本製のゲームソフトがイギリス議会などで問題となったことを受け、パソコンソフト業界の自主審査機関が今後、こうしたソフトの製造・販売を禁止する方針を決めたことが明らかになりました。

 業界のおよそ2割を占めるというあるジャンルのゲームソフトの製造・販売を一切禁止すると言うのです。

 マニアからは根強い人気があるというこのジャンルを、なぜ業界は排除することにしたのでしょうか。

 1本のゲームソフトが発端でした。「レイプレイ」という名のそのゲームは、プレイヤーが電車で女性に痴漢行為をし、さらに、妹、母親まで次々と乱暴し、妊娠・中絶させるという内容。

 あまりの衝撃的な描写に、2月にはイギリスの議会で問題視され、今月、アメリカに本部を置く国際人権団体も販売中止を求める活動を始めました。

 当初は問題ないとしていた審査機関でしたが、ここにきてゲームソフト業界が対応せざるを得ない状態に発展したのです。

いくらゲームと云っても、内容次第では規制されるのは当然の事です。

パソコンソフトのドル箱ジャンルは、いわずと知れた18禁ソフト。

エロにバイオレンス・レイプ、何でも御座れの業界ですからね。

実効性の有る、規制を願いたい。


こういうデーターもある。
 Eroge

グーグルアースで世界航海に出よう!

グーグルアースで世界航海に出よう!

リゾートウェブブラウザー上でグーグルアースを操って海の上を航海できるサイトがあります。

PlanetInAction.comのサイトで「Ship」というもの。
http://planetinaction.com/ships.php

いくつか船が用意されていて 好きな場所を指定して船を運転することができます。
私はフライトシミュレーション同様 イマイチ運転うまくないですけど、お好きな方はお試しくださいね。

サイトに行くとグーグルアースのプラグインをインストールされていない方はインストールを促すメッセージが表れます。

ship1.jpg
ダウンロードすると指定の場所に↓のようなアイコンが表示されます。
ship2.jpg
ダブルクリックしてインストールしてください。

ship3.jpg
インストールが完了するとブラウザーをリロードを促すメッセージがでます。(ページの表示を更新するという意味です)
英語で表示されているウィンドウは閉じて頂いてOKです。(インストールしてくれてありがとうという意味のメッセージです)

ship4.jpg
では早速運転を試してみましょう。

ship5.jpg
航海する船の種類を選んで ボックスの中に行きたい場所を入力して「Go There」をクリックしてください。

後は画面に表示されている操縦機器を色々動かして楽しんでくださいね!


不器用な私でも、操作できました。

意外と面白いかもです。


日本のGoogleストリートビューが高さを40センチ下げて全部再撮影へ

日本のGoogleストリートビューが高さを40センチ下げて全部再撮影へ、画像公開停止要請専用ダイヤルも開設

 

Logo
                                      より    

激しい議論をネット・リアルの双方で巻き起こしてきたGoogleの画期的な地図サービス「Googleストリートビュー」ですが、本日、その再撮影が発表されました。これまで公開済みのエリアも含め、すべてのエリアにおいてカメラの高さを40センチ下げて再撮影を行うとしています。

公開当初は「駐車中のトラックが並んでも正面を撮影できる高さ」といったものを考慮しての極めて高い高さからの撮影となっていたわけですが、塀の高さを越えて家の中をのぞき見るような感じになっていたため、「道路幅や日本の住宅事情にあわせ」て変更するとのことです。

そのほかにも「ナンバープレートの不鮮明処理」「ストリートビュー専用ダイヤル」「表札のぼかし処理のリクエスト」などが発表されています。詳細は以下から。

Google Japan Blog: ストリートビューをご利用のみなさまへ

Googleによると、カメラの高さを下げた画像の公開について、未公開のエリアでも、既に前の高さのカメラで撮影済みのものがあるため、まず撮影済みの 画像を適応し、それから順次再撮影したものに切り替えていくとのこと。また、すでに公開停止依頼済みの画像に関しては、再度撮影した場合でも、画像が復活 することはないとしています。

また、ナンバープレートのぼかし処理については、サービス開始時期が他国よりも早い米国および日本では、解像度の低い旧式のカメラを使っていたため、ぼか し処理を行っていなかったが、現在公開されているすべての画像に対し、ナンバープレートにぼかし処理を行ったそうです。ただし、自動認識によるものである ため、万が一漏れを発見し場合は、画像中の「問題の報告」リンクから報告すれば、Googleが手動で修正するとのこと。

さらに、ネットを使っていない場合でも画像の公開停止ができるように、ストリートビュー専用ダイヤルを開設、本日から受け付けを開始しています。番号は以下のようになっています。

ナビダイヤル 0570-01-0041 (携帯電話、PHS、海外からは 03-6415-5900)

・ 受付時間: 9:00 ~ 12:00 / 13:00 ~ 18:00 (月曜~金曜)
・ 通話料金はお住まいの市内通話料金でご利用いただけます。
・ 年末年始および土日祝日はお休みとさせていただきます。
・ より迅速で確実な、パソコンや携帯電話からのご依頼方法もご活用ください。


さらに、表札のぼかし処理のリクエストが可能となっており、該当する画像左下にある「問題を報告」をクリックして「表札」を選択して、ぼかしを加えたい表 札を選んで送信を押せばOKだそうです。なお、本人の意思を尊重するために、自分の自宅を申請した場合のみの対応になるそうです。

使いかた次第では、重宝するツールと成る「Googleストリートビュー」。

一方で、プライパシー侵害との声も多い。

ボカシを入れるだけでは充分とは言えないが、撮り直しをする事は一歩前進だろう。

どんなツールでも裏表の機能がある。

インターネットは、その右代表みたいなものだ。

便利な機能が欲しければ、使い方を考える事だ。



Photo_6

ゲーム機「iPhone」大ヒット 近い将来「DS」「PSP」抜く?

ゲーム機「iPhone」大ヒット 近い将来「DS」「PSP」抜く?

アップル社の「iPhone」(アイフォーン)」が携帯型ゲーム機として世界中で大ヒットしているのだという。

「iPhone」は2100万台以上売れていると言われ、ゲームを含むソフトのダウンロード数が10億を突破した。

携帯型ゲーム機と言えば任天堂の「DS」、ソニーの「PSP」が2強だが、携帯電話でゲームを遊ぶ人口が急増し、近い将来携帯型ゲームは「iPhone」中心になるのでは、という予想まで飛び出している。

ゲームソフトの値段が1000円程度と安い

米アップルが2009年4月22日に発表した09年1-3月期決算では、「iPhone」は前年同期の2.2 倍の約379万台が売れた。

ソフト販売などを含む「iPhone」部門の売上高は4倍にもなった。08年夏に始めた対応ソフトの累計販売が10億本を突破したからだ。うち、3億本以上がゲームソフトの売上と言われる。このソフトが使えるのは「iPhone」と「iPod touch」で累計販売台数が3700万台。うち「iPhone」は2100万台以上といわれている。

「iPhone」のライバルは、既存の携帯電話だけでなく,今や「DS」や「PSP」などの携帯型ゲーム機なのだそうだ。

携帯型ゲーム機並に画面が大きく、画像も繊細で、エンジンも高性能なため本格的なゲームが楽しめるからだという。

「iPhone」と「DS」の両方を所有している神奈川県の30代男性サラリーマンは、「ゲームはiPhoneだけ使うようになった」という。気晴らし程度で遊ぶため2台はいらない。携帯電話は常に持ち歩くため必然的にゲーム用は「iPhone」になったのだそうだ。

有利な点は電話としていつも持ち歩くことだけではない。ゲームソフトの値段の安さがある。例えば「DS」は1本あたり4000~5000円だが「iPhone」の場合は高いもので1000円程度。ショップに出掛ける必要が無く、ダウンロードで買える。また、携帯電話ゲームの人気は高まっていて、ここ数年急速に売上げを伸ばしてきた。

モバイル・コンテンツ・フォーラムの調査によれば、日本のモバイルゲーム市場は04年に415億円だったのに対し、07年は848億円と2倍以上になった。ほとんどが携帯電話用ゲームの売上げだ。

コナミやセガもiPhone用ソフトを供給

日本ではコナミやセガといったゲーム業界大手が「iPhone」用のソフト供給を開始している。セガの広報によれば「iPhone」は「有力な市場であることが分かった」のだそうだ。これまで3タイトルを投入し、いずれも人気が高く、その中の「スーパーモンキーボール」(税込み価格900円)は、既に60万本以上も売れたのだという。

アップルジャパンによると、テレビCMなどで「iPhoneでゲームが遊べる」と打ち出したため、認知度が飛躍的に上がったという。また、有力なゲームメーカーだけではなく、個人レベルでゲームを開発し、インターネットの「App Store」で販売できる取り組みも、続々と人気作が登場するきっかけになっている。

本格的なゲームはゲーム機で、軽いゲームは携帯でが、世の流れか。

ゲーム機側も黙ってはいない。

インターネットは当たり前で、スカイプなどを使用しての音声通話機能も搭載されるかも知れない。

其れがゲーム市場を活性する事になれば三方両得である。

「Google」利用者は「Yahoo!」利用者よりもセクシーな人が多い!?


Eストアーは、検索サービス「Yahoo!」と「Google」の利用者の属性や意識の違いに注目し、20歳以上の男女600名を対象としたインターネット調査を実施した。


 「Google」の利用者“グーグルな人”と、「Yahoo!」の利用者“ヤフーな人”それぞれに「あなたは自分のことをセクシーだと思いますか?」と質問したところ、自分のことを「セクシーだ」「ややセクシーだ」と思っている“グーグルな女性”は23.5% にのぼり、“ヤフーな女性”はその半数以下の9.6%に留まるという興味深い結果となった。

 また、同質問に対し「自分はセクシーではないがセクシーになりたい」と回答した“ヤフーな女性”は36.3%。やはり“グーグルな女性”(28.1%)を上回る結果となり、両者の意識の違いが明らかとなった。


セクシーではないけれど、グーグルな人といわれて見たい。

私は、アホーなヒトだものね。


Yahoo09

Microsoft、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する広告

Microsoft、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する広告

 Macの価格の高さを強調するCMを打ち出してきたMicrosoftが、今度はiTunes Storeの価格を攻撃する新たな広告を展開している。

 Zune Passサイトで公開されている新CMは、「ファイナンシャルプランナーのウェス・モス」が主人公。

Microsoftの音楽サービスZune PassとAppleのiTunes Storeの価格を比較している。

 モスは、120Gバイトの音楽プレーヤーいっぱいに楽曲を入れる場合、iTunes Storeでは3万ドル掛かるとし、月額14.99ドルで無制限ダウンロードできるZune Passのような会員制音楽サービスを検討するよう勧めている。

 ただし、iTunes Storeでは購入した楽曲を自分の手元に残せるが、Zune Passではサービスを解約するとダウンロードした楽曲の多くを利用できなくなる(1カ月に10曲までなら手元に残すことができる)。

安さを宣伝するのはいいが、Zune Pass使いにくさは何だ。

その辺りから改善を願いたい。

より以前の記事一覧

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ