最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 沖縄電力、台風対策に「倒れる」風車=波照間島に導入 | トップページ | もうとっくに決まっている草なぎ剛「7月復帰」 »

「食博」でPR合戦 宮崎・大阪・和歌山の知事

 大阪・南港で開催中の日本最大級の食の祭典「食博覧会」で2日、和歌山県の仁坂吉伸知事が、大阪府の橋下徹知事、宮崎県の東国原英夫知事を相手に地元産 品のPR合戦を繰り広げた。

トリオ漫才のような掛け合いも飛び出し、会場は大盛り上がり。東国原知事は「府県間の連携が地域活性化になる」と提案した。

 「人気の2知事に挟まれ、かつてない危機感があった」という仁坂知事は「ケンケン鰹」や「備長炭」「南高梅」などのほか、パンダの帽子をかぶって「パンダがいる県」をアピールした。

 「ケンケン鰹」を試食した東国原知事に「まあまあ」といわれ、苦笑したものの、ミカンジュースを絶賛され、報道陣にも強力にPR。備長炭の楽器(炭琴)を響かせると会場から拍手が起きた。

 それでも「トリオ」の中でPR戦に一日の長があったのは東国原知事。

どんな話題からも宮崎県のPRに持ち込む話術に、残る2知事は感心しきり。

橋下知事は「一つの商品をとことん研究している。見習いたい」と脱帽した。

 この日の来場者は5万7970人(主催者発表)。3知事のイベントには新聞、テレビなどマスコミ47社が駆け付けた。

 仁坂知事は「食の都・大阪が(和歌山の)隣にあるのはありがたい。食博は(4年に1度だが)毎年、開催してもらいたいぐらい」とPR効果に期待を寄せた。

 東国原知事も「全国知事会なんかより、食博に知事が集い、親交を深めながら意見交換する方が良い」と話した。 

食博には日本のほか、20カ国・地域から 345の企業、団体が参加。

和歌山県も独自のブースで梅干しなど特産品と優良県産品「プレミア和歌山」をPRしている。10日まで開催している。

東国原さんと橋下さんに挟まれると「何このおっつぁン」だけど、れっきとした和歌山の知事さんです。

特に東国原さんは、日本一のセールスマンと云っても過言ではないお方。

みかんジュースを、褒めて呉れただけでも良かったのかも。

皆様、和歌山は食の宝庫です。

いっぺ食べてくらんしよ。

Photo



« 沖縄電力、台風対策に「倒れる」風車=波照間島に導入 | トップページ | もうとっくに決まっている草なぎ剛「7月復帰」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29416326

この記事へのトラックバック一覧です: 「食博」でPR合戦 宮崎・大阪・和歌山の知事:

« 沖縄電力、台風対策に「倒れる」風車=波照間島に導入 | トップページ | もうとっくに決まっている草なぎ剛「7月復帰」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ