最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 新型インフルエンザ各国感染者と死者数 | トップページ | 民主・小沢代表、辞任。 »

小室哲哉被告に判決下る  懲役3年、執行猶予5年

小室哲哉被告に有罪判決 懲役3年、執行猶予5年

5月11日9時53分配信 産経新聞


 音楽著作権の譲渡を個人投資家の男性に持ちかけて5億円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた音楽プロデューサー、小室哲哉被告(50)の判決公判が11日午前、大阪地裁で開かれ、杉田宗久裁判長は懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

 杉田裁判長は「場当たり的だがあまりにもずる賢い。しかし、被害を弁済し、反省もしている」と判決理由を述べた。

 小室被告は判決公判後、記者会見し「大変大きな、大きな過ちを犯した。ファンの皆様を裏切り、多くの方を裏切りご迷惑をお掛けしました。本当に申し訳ありませんでした」と反省の弁を述べ、頭を深々と下げた。

 小室被告は利息を含めた6億5000万円を全額弁済していたが、検察側は論告で「著名な音楽家という地位を最大限に利用した巧妙な犯行。十分な厳罰が必要」としており、実刑か執行猶予付になるかが焦点だった。

 起訴状によると、小室被告は平成18年7~8月、男性に対し、すでに著作権を譲渡済みだった楽曲793曲を含む806曲の著作権が自身にあるように装い、10億円で譲渡する契約を持ちかけ、5億円をだまし取ったとされる。

驕る平家は久しからず。

エイベックスの、松浦社長には一生頭が上がらないだろう。

裸の王様として君臨していた、小室氏。

本当の意味での、同志を知ったに違いない。


« 新型インフルエンザ各国感染者と死者数 | トップページ | 民主・小沢代表、辞任。 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29561771

この記事へのトラックバック一覧です: 小室哲哉被告に判決下る  懲役3年、執行猶予5年:

« 新型インフルエンザ各国感染者と死者数 | トップページ | 民主・小沢代表、辞任。 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ