最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 【新型インフル】成田空港着の日本人女性からA型陽性反応、病院搬送…周囲の乗客も隔離 | トップページ | 新型インフル 国内初の「感染疑い例」はカナダから帰国の横浜市の高校生 »

世界的大流行の確実性高く=新型インフルで舛添厚労相

世界的大流行の確実性高く=新型インフルで舛添厚労相

 衆院厚生労働委員会は30日、新型インフルエンザ問題について集中審議を行った。

舛添要一厚労相はこの中で、新型インフルエンザが「パンデミック、世界的大流行になる確実性が極めて高くなった」との見通しを示した。

 また、厚労省の上田博三健康局長は、新型インフルエンザに効果があるとされる治療薬のタミフルを既に3380万人分確保し、さらに830万人分を確保す る予定と公表。

やはり治療薬のリレンザは国で268万人分を備蓄済みで、都道府県でも133万人分を備蓄する予定と明らかにした。

理想を言えば、人口分の備蓄だ必要だ。

早い者勝ちでは困る。

大袈裟に言えば、生きるための保険のようなものだ。

舛添厚労相
Photo_5



« 【新型インフル】成田空港着の日本人女性からA型陽性反応、病院搬送…周囲の乗客も隔離 | トップページ | 新型インフル 国内初の「感染疑い例」はカナダから帰国の横浜市の高校生 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29370533

この記事へのトラックバック一覧です: 世界的大流行の確実性高く=新型インフルで舛添厚労相:

« 【新型インフル】成田空港着の日本人女性からA型陽性反応、病院搬送…周囲の乗客も隔離 | トップページ | 新型インフル 国内初の「感染疑い例」はカナダから帰国の横浜市の高校生 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ