最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 民主・前原氏らが会合「小沢代表では衆院選戦えない」発言も | トップページ | 麻生首相「親から、私が選挙に出るまで25年空いている。25年空いてても世襲か?」 »

1年で30万部も減った産経新聞の「非常事態」

1年で30万部も減った産経新聞の「非常事態」

 

産経新聞が苦境に立たされている

 

日本ABC協会の調査によれば、産経は実に前年同月より30万8千部(14.1%)も落ちたのだ。

2月は前月比でも17万部(8.3%)減となり、社内には「このペースが続けば年内に100万部割れ」(幹部)との悲壮感が漂っている。もはや、非常事態と言わざるを得ない。

 産経同様の窮状が噂される毎日は1月の部数が386万部で前年同月比8万7千部(2.2%)減。 2月は380万部で同7万3千部(1.8%)減、前月比でも 6万部落ちている

朝日は1月が808万部で前年同月比2万7千部(0.3%)減。2月は801万部で同横ばい、前月比では7万部減

 読売は1月 1003万部で同1万7千部(0.1%)減。2月は1001万部の横ばいで、前月比は2万部の下落だ

5大紙で健闘しているのは日経。1月は305万部で前年同月比横ばい。2月も304万部の同横ばいで、前月比も1万部減だった。

 

 こうしてみると産経の前年同月比30万8千部減、前月比17 万部減は突出している。

主な原因は顕著な 新聞離れに加え、表向きの発行部数を嵩上げするいわゆる「押し紙」を止めたことが大きいようだ。

 さらに、業界で囁かれているのが産経の「アイフォーン」への記事無料提供の影響だ。

携帯電話で新聞とまったく同じ記事がタダで読めるなら、あえて紙の新聞を買う読者がいなくなるのは当然ではないか。

 産経は己のクビを絞めた可能性がある。しかし、かかる苦境は産経に限らない。

「きょうの産経、明日は我が身か」。日経幹部でさえ自嘲する有り様だ。

 

月刊FACTA
 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090508-00000001-facta-bus_all

産経、好きな新聞です。

右寄りを鮮明にしている産経は、自民の退潮と共に部数の暫減状態が止まらないようです。

値段が安くて、印刷品質が良いだけでは購読にはつながりません。

なにか強力なカンフル剤が必要に成って来ているのです。






« 民主・前原氏らが会合「小沢代表では衆院選戦えない」発言も | トップページ | 麻生首相「親から、私が選挙に出るまで25年空いている。25年空いてても世襲か?」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29506632

この記事へのトラックバック一覧です: 1年で30万部も減った産経新聞の「非常事態」:

« 民主・前原氏らが会合「小沢代表では衆院選戦えない」発言も | トップページ | 麻生首相「親から、私が選挙に出るまで25年空いている。25年空いてても世襲か?」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ