最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 北朝鮮から飛翔体」と誤報…最新鋭ガメラレーダーが原因 | トップページ | <公明党>解散・総選挙「6月は難しい」…山口政調会長 »

将軍様も大慌て? 北朝鮮のミサイル発射

将軍様も大慌て? 北朝鮮のミサイル発射

 北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射が今日以降に繰り延べされた。全世界が注視する発射だから、金正日将軍は誰よりも緊張に震えているのだろう。

もし、日本のミサイル破壊命令でテポドン2号が迎撃されでもすれば、北の情勢は劇的に変わる可能性を秘めている。

 迎撃されれば、北の“首領”としての地位が揺らぎ、伝えられる後継者指名の思惑だって分からなくなる。

核も弾道ミサイル開発も、将軍様の求心力の源泉であり、威信をかけたプロジェクトである。人々の飢えなど微塵(みじん)も考えず、核とミサイルにカネをつぎ込んできた。

 だからこそ、日本による迎撃のそぶりには、さすがの将軍様も大あわてだった。

朝鮮通信がわざわざ重大報道と銘打ち、「断固たる報復攻撃を加える」だの「火の雷を浴びせる」だのと最大限の脅しを繰り返した。

あれはむしろ、迎撃回避の懇願に違いない。

 2006年のように発射から40秒で燃え尽きてしまえば技術改良の失敗であり、これも将軍様の権威にかかわる。

まして、米国のオバマ新政権を挑発して対価を稼ごうとした思惑がはずれる。実験に立ち会っているというイランへのミサイル技術供与も危うい。

 北朝鮮は93年に短距離のノドンを、98年にはテポドン1号を発射して飛距離を伸ばしてきた。

北はそれ以来、一貫して米国本土に達するミサイルの研究開発と、核弾頭の搭載を目指してきた。

 過去に、北が日本列島上空にミサイルを通過させても、日本海に7発連射しても、日米の報復を受けなかったから今回も遠慮なくやろうとした。

北にとっての発射実験は、実入りよりリスクの方が大きくなければやめない。

だが、麻生太郎首相が意外や「破壊命令」を出したから将軍様は仰天した。

 それなのに、某官房副長官は愚かにも「ピストルの弾同士が当たるのは難しい」と足を引っ張った。

敵対国に撃墜必至と思わせなければ、発射を躊躇(ちゅうちょ)する抑止にはならない。安全保障観のない政府高官はごめんこうむる。

 中国ロシアも北の跳ね上がりに苦虫をかみつぶしている。

日本のミサイル防衛MD)がうまく機能して、テポドンがイージス艦や地上配備のパトリオットに撃墜されると、実戦で「MDの有効性」が立証されてしまう。

北の核が無力化するだけでなく、確率が限定的でも中国の核もまた対日攻撃に使いにくい兵器になる。

 北が譲歩するときとは、「体制崩壊」につながる経済制裁か軍事侵攻である。

ゲーツ米国防長官が先月29日の米テレビで、「外交よりも経済制裁の方が成功する」と述べているのがそれだ。

 各国は粛々と国連安保理決議違反として国連で経済制裁を取りあげればよいのだ。

北が報復に「6カ国協議を崩壊させる」と息巻いても、あれはすでに崩壊している。

援助がほしければ、日米韓でも日米韓中露とでも交渉のテーブルに着けばよいだけである。

 日本にとって重要なことは、MD計画の地道な努力があったからこそ、北朝鮮の恫喝(どうかつ)にもパニックにならずに済んでいることだ。

逆説的にいえば、北はまたも「そこにある危機」を日本人に気付かせてくれた。

産経新聞(東京特派員 湯浅博)

よく出来た記事なので、一字一句変更せず全文掲載しました。

Kim

« 北朝鮮から飛翔体」と誤報…最新鋭ガメラレーダーが原因 | トップページ | <公明党>解散・総選挙「6月は難しい」…山口政調会長 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28969271

この記事へのトラックバック一覧です: 将軍様も大慌て? 北朝鮮のミサイル発射:

« 北朝鮮から飛翔体」と誤報…最新鋭ガメラレーダーが原因 | トップページ | <公明党>解散・総選挙「6月は難しい」…山口政調会長 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ