最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 万歳!リサイクル人生 | トップページ | 橋下知事の80代女性ファン、リュック詰め1億円を寄付 »

創価学会暴露本「黒い手帖」が話題に 「日本占領計画」の全記録

創価学会「日本占領計画」の全記録…矢野絢也著「黒い手帖」を読む        

       

 元公明党委員長の矢野絢也氏が「黒い手帖」という新刊本を出したと聞いて、買って読んでみました。

 矢野絢也氏は 1953年10月戸田城聖・創価学会二代会長に出会って入信、以来およそ半世紀の間、創価学会の会員として活動してきました。うち30年間は公明党の政治 家として大阪府会議員や衆議院議員をつとめ、党の書記長、そして委員長と最高幹部の職にあった人です。その矢野氏が昨年5月1日、創価学会を退会、5月 12日には創価学会ならびに同会の幹部7名を、東京地方裁判所に民事提訴したというのです。

 きっかけは矢野氏の30年に及ぶ政治家とし ての詳細な記録を書きとめた、100冊にも及ぶ「黒い手帖」=衆議院手帖を3人の公明党の議員OBに「強奪」されたという事件。それに先立って矢野氏は創 価学会青年部幹部5名から政治評論家としての仕事をやめるように脅迫・強要されたといいます。さらに、創価学会は矢野氏に自宅を売却して2億円、3億円と いう莫大な金額の寄付をするよう執拗に強要した事実も明らかにされています。

 矢野氏は、この間手帖の返還と元国会議員3人に1000万 円の損害賠償などを求めて訴訟をおこしてきましたが、第一審の東京地方裁判所では矢野氏が敗訴。地裁判決では「手帳は元委員長が自分の意思で渡したのに、 記事で名誉が傷つけられた」とする元議員らの主張を認め、元委員長や「矢野極秘メモ100冊が持ち去られた」と題する記事を掲載した「週刊現代」の発行 元・講談社に計約600万円の支払いと謝罪広告の掲載を命じました。

 しかし去る3月27日に東京高裁が下した控訴審判決は、矢野氏が敗 訴した1審判決を取り消し、元国会議員らに手帳の返却と300万円の支払いを命じました。南敏文裁判長は「元議員らは矢野元委員長に対し、多数の創価学会 員や公明党員が危害を加えるかもしれないと脅して手帳を渡させ、妻の部屋まで捜索してプライバシーを侵害した」と判断し、矢野氏に逆転勝利の判決を下した のです。

此処まで、宮元たけし氏(元参議院議員)のブログより引用
http://www.miyamoto-net.net/column2/diary/1239011115.html


 

この本、書店ではなかなか見つからない。

売れているのに 関わらずである。

ある書店の話では、入荷した途端にまとめて無くなると云う。

いわゆる組織買いであろうか。

確実に手に入れるなら、Amazonなどのネットで買うのがお勧めのようだ。

それはさて置き、一部引用させてもらった部分だけでも、十分衝撃的だ。

ましてや、著者が公明党結党以来、最後幹部として長きに渡り公明党を担っていた、矢野氏とあれば信憑性は高い。

過去に出版されたどの本より内容も充実している。

創価・公明が矢野氏の「黒い手帖」を、強奪しようとした意味もわかる。

創価学会・公明党上層部は今、火消しに懸命であろう。

彼らに取って、過去のどの問題より深刻なのだ。

創価公明存亡の危機とも云える。

日本の中の「北朝鮮」とも云われる創価学会。

徹底的に解明すべき時だろう。


  時来たり 第八の鐘 今鳴らん

Photo_2


































Photo_3

« 万歳!リサイクル人生 | トップページ | 橋下知事の80代女性ファン、リュック詰め1億円を寄付 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29065388

この記事へのトラックバック一覧です: 創価学会暴露本「黒い手帖」が話題に 「日本占領計画」の全記録:

« 万歳!リサイクル人生 | トップページ | 橋下知事の80代女性ファン、リュック詰め1億円を寄付 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ