最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« ミサイル発射控え「戦争前夜」=緊迫の北朝鮮 | トップページ | 【北ミサイル】「迎撃には報復の打撃」と警告 朝鮮人民軍総参謀部 »

北、燃料注入作業を開始=ミサイル発射準備、最終段階に

北、燃料注入作業を開始=ミサイル発射準備、最終段階に

米CNNテレビは1日、米軍高官の話として、北朝鮮が東部・舞水端里のミサイル発射場で、長距離弾道ミサイルの燃料注入作業を開始したと報じた。

発射準備が最終段階を迎えたことを意味する。

 北朝鮮は4月4日から8日の間に「通信衛星を打ち上げる」と発表しているが、事実上、弾道ミサイルの発射とみられており、天候次第では4日にも発射に踏み切る見込み。

 日本政府は3月27日、北朝鮮のミサイルが日本の領土・領海に落下する事態に備え、迎撃方針を決め、「破壊措置命令」を発令。

一方、ゲーツ米国防長官は、米国の領域を標的としたものでない限り、ミサイルを迎撃しないと表明している。

 日米韓3国は、北朝鮮がミサイル発射を強行すれば、国連安全保障理事会に持ち込むことで一致。

これに対し、北朝鮮は、安保理で議長声明などが検討されれば、「敵対行為」とみなし、6カ国協議再開を拒否すると警告、「迎撃は戦争行為」とけん制している。 

この国には、国連安全保障理事会など、屁のカッパだ。

しかし、日本国内に落ちる様なヘマはしないだろう。

脅迫外交と、威信の見せ付けが目的だろうから、必要以上に恐れる事は無い。

大騒ぎすれば、それこそ北朝鮮の思う壺だ。


                     

日本海で警戒配備に就いているとみられる米海軍イージス艦「ホッパー」。

Photo_3

« ミサイル発射控え「戦争前夜」=緊迫の北朝鮮 | トップページ | 【北ミサイル】「迎撃には報復の打撃」と警告 朝鮮人民軍総参謀部 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28923867

この記事へのトラックバック一覧です: 北、燃料注入作業を開始=ミサイル発射準備、最終段階に:

« ミサイル発射控え「戦争前夜」=緊迫の北朝鮮 | トップページ | 【北ミサイル】「迎撃には報復の打撃」と警告 朝鮮人民軍総参謀部 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ