最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」 | トップページ | カレー屋 ますみ? »

難しい子供の名「羽姫芽」「煮物」「大穴」などの利点とは

難しい子供の名「羽姫芽」「煮物」などの利点とは

 週刊文春の「先生が名前を呼べない子供たち」という特集では「和源」(わーげん)、「天使」(みかえる)「絆」(は あと)などの名前が紹介され、ネット上でこの話題で盛り上がった。

これを受け、読み方の難しい名前が多数紹介されている「DQNネーム(子供の名前@あー 勘違い・子供がカワイソ)」というサイトが注目を浴びている。

 その中には、「戦争(せんそう)」「煮物(にもの)」(大きくして喰うつもりか?)「ポチ男(ぽちお)」など、一見人間の名前には見えないものや、使われている字は普通だが他人には まったく読めないような「勇気(ふぁいと)」「強運(らっきい)」などの名前もある。

さらには「世歩玲(せふれ)」(セフレで出来たのかね?)や「羽姫芽(わきが)」など、微妙な意 味を持ったものも。

 また、外国風の名前は育児雑誌でも薦められているようで、「花紗鈴(きゃさりん)」「大穴(だいあな)」(嫁がか?)などカタカナで書いたほうがいいような名前も多くある。

 サイトによると、名づけをする時にはたくさんのチェック項目があるようで、例えば、「老人になったとき、デブになったとき、禿げてしまったとき…など、 様々な状況を想像してみる」「電話で漢字を説明する状況を想像してみる」などがある。

「妊娠中・出産直後の脳内は妙にドリーミングになっているので、ご注 意ください」との注意書きもある。
 
 これらの名前に対し、「ペットの名前の話だよな?そうだと言ってくれ・・」「虐待」「子供の名前は、親の安っぽい自己主張の場ではありません。

その薄ら 寒いセンスによって一生恥をかくのは子供です」など親を非難する意見が多いが、「変な電話が来て 読み方が違っていたらすぐに怪しいと分かるのは便利かも」などの声も寄せられている。

白痴化社会の象徴の様な話題だ。

わずかでも、子供の将来を読むくらいの事が出来ないのなら、親になど成るべきではない。

社会の後期に晒される、子供が可哀想だ。

■関連リンク
DQNネーム(子供の名前@あー勘違い・子供がカワイソ)


« 北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」 | トップページ | カレー屋 ますみ? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29336530

この記事へのトラックバック一覧です: 難しい子供の名「羽姫芽」「煮物」「大穴」などの利点とは:

« 北野誠さん不適切発言で謝罪「ご迷惑をおかけしました」 | トップページ | カレー屋 ますみ? »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ