最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 【豚インフル】WHO、警戒レベル「4」に引き上げ 世界的な大流行(パンデミック)となる恐れも | トップページ | SMAP・草なぎの蛮行に中居&木村が激怒… »

ルネサスとNECエレが来年4月統合で合意、新会社は上場維持へ

ルネサスとNECエレが来年4月統合で合意、新会社は上場維持へ

                                                                                                 ロイター

半導体大手のルネサステクノロジ(東京都千代田区)と同業大手のNECエレクトロニクスは27日、両社が2010年4月1日に事業統合する方向で協議を開始することについて合意したと発表した。

 09年3月期の両社の売上高を単純合計すると1兆2350億円に上り、東芝<6502.T>を抜き世界3位になる。

NECエレは東証1部上場でルネサスは非上場会社だが、統合後の新会社は上場維持を前提にする。

 ルネサスの赤尾泰社長とNECエレの中島俊雄社長が27日午後5時から都内で会見する。

ルネサスの母体企業の日立製作所の 川村隆会長兼社長と三菱電機の下村節宏社長、NECエレの親会社、NECの矢野薫社長が同席す る。

 ルネサスには日立製作所が55%、三菱電機が45%出資。NECエレには NECが65%出資している。

ルネサスは家電製品や自動車を制御するマイコンで世界首位のほか、薄型テレビなどデジタル家電 や携帯電話向けのシステムLSI、ディスクリート(個別半導体)など幅広い半導体製品を手掛ける。

NECエレはマイコンで世界2位のほか、デジタル家電や ゲーム機用の映像処理用LSIが強い。

任天堂のゲーム機「Wii」に画像処理用LSIを供給していることも特徴だ。

 ただ、両社とも収益面は厳しく、特にNECエレは09年3月期までに4年連続の当期赤字で累計約2200億円に達する。

デジタル家電用などのシステム LSIの売り上げが伸び悩んだほか、海外のファウンダリー(受託半導体製造会社)との競争激化などが影響している。

ルネサスは08年3月期までは業績が比 較的安定していたが、世界不況に伴う自動車販売の急激な落ち込みなどにより09年3月期は2060億円の最終赤字を見込んでいる。

他国企業「特に韓国」への過度な技術流出が招いた結果か。

中国も、技術公開を迫ってきているが基幹技術や最先端技術は公開すべきではない。

第二第三の半導体業界になる恐れが、極めて高い。



Photo

« 【豚インフル】WHO、警戒レベル「4」に引き上げ 世界的な大流行(パンデミック)となる恐れも | トップページ | SMAP・草なぎの蛮行に中居&木村が激怒… »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29322880

この記事へのトラックバック一覧です: ルネサスとNECエレが来年4月統合で合意、新会社は上場維持へ:

« 【豚インフル】WHO、警戒レベル「4」に引き上げ 世界的な大流行(パンデミック)となる恐れも | トップページ | SMAP・草なぎの蛮行に中居&木村が激怒… »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ