最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« <地方選>22市で新市長 6市で現職落選 | トップページ | 中国 万里の長城2500キロ長かった »

国内ブランド評価でユニクロが躍進、トヨタはトップ10陥落

国内ブランド評価でユニクロが躍進トヨタはトップ10陥落

MarkeZineより


国内ブランド評価でユニクロが躍進、トヨタはトップ10陥落

ユニクロ(ファーストリテイリング)について、ポイントが上昇したイメージ

 日経BPコンサルティングは、一般消費者とビジネスパーソンへのアンケート調査から延べ1500ブランドを評価する 「ブランド・ジャパン2009」を2008年11月に実施し、約5万4000人から回答を得た。

ブランドの総合力(偏差値)をもとにしたBtoC編ランキ ングの上位10社は以下のとおり(カッコ内の数字は前回順位)。

■コンシューマー市場(BtoC)編・消費者による評価
1位 任天堂(1)
2位 グーグル(11)
3位 ソニー(4)
4位 スタジオジブリ(2)
5位 パナソニック(10)
6位 ニンテンドーDS(5)
7位 ユニクロ(12)
8位 シャープ(8)
9位 サントリー(26)
10位 Windows(17)

 ユニクロは、2007年の52位から2008年に12位となり、今回7位とトップ10入りを果たした。

ユニクロは、海外進出、ウェブでのプロモーショ ン、ヒット商品の創出などで勢いにのり、複数のイメージ項目のポイントが上昇。同社の戦略がかみ合っている様子がうかがえる。

 今回の調査は、金融危機の影響が顕在化しつつある時期に実施されたことから、電機、自動車業界は大きな影響を受けた。

なかでもトヨタ自動車は、調査期間 中に大幅減益や期間従業員減らしなどのニュースが取りあげられたこともあり、イノベーティブのポイントが大きく下降。

そのためBtoCにおけるブランド総 合力も前回の7位から29位まで順位を下げ、調査開始以来、はじめてトップ10から転落した。

 しかし、ビジネスパーソンの評価によるBtoB編のランキングでは、トヨタ自動車が今回も1位を堅持。

これをパナソニック、本田技研工業が追い、さらにこれにソニーと任天堂が続くかたちとなった。

■コンシューマー市場(BtoB)編・ビジネスパーソンによる評価
1位 トヨタ自動車(1)
2位 パナソニック(6)
3位 本田技研工業(2)
4位 ソニー(3)
5位 任天堂(4
6位 グーグル(5)
7位 シャープ(10)
8位 マイクロソフト(9)
9位 キヤノン(7)
10位 アップル(8)


« <地方選>22市で新市長 6市で現職落選 | トップページ | 中国 万里の長城2500キロ長かった »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/29206869

この記事へのトラックバック一覧です: 国内ブランド評価でユニクロが躍進、トヨタはトップ10陥落:

» パナソニック 照明 [5分で理解!最新技術情報ニュース]
パナソニック系工場閉鎖問題 関係機関で対策会議 随時情報交換 雇用対策など検討 八代市 18 パナソニックグループの半導体関連メーカー「パナソニックセミコンダクターディスクリートデバイス熊本」(PSCDDK、八代市鏡町)が、9月末で生産を中止し、来年3月末に工場を閉鎖する問題で、八代市は20日、関係機関を集めた対策会議を発足させた。 ...(続きを読む) 悩んでいます。アドバイス下さい。今うちにはパナソニックのディーガというビデ... [続きを読む]

« <地方選>22市で新市長 6市で現職落選 | トップページ | 中国 万里の長城2500キロ長かった »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ