最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 「世界最悪の10大独裁者」リスト | トップページ | Google Street Viewの面白画像を集めている「Streetviewr」 »

パナソニック 進む不採算事業撤退 大型ビジョン、携帯プレーヤーからも撤退

パナソニックが、五輪会場など大規模施設向けに販売してきた大型の映像表示装置「アストロビジョン」事業から事実上の撤退を図ることが25日、分かった。

中国メーカーなどの安価な製品が市場に出回り、ここ数年は販売が伸び悩んでいた。

世界中が注目する“ひのき舞台”での広告効果を優先してきたが、業績悪化 が経営を圧迫し、営業停止を余儀なくされた格好だ。

 アストロビジョンは、1981年に旧松下通信工業(現パナソニックモバイルコミュニケーションズ)が開発し、旧松下電器産業(現パナソニック)が販売してきた。

パナソニックは88年から五輪公式スポンサーを務めていることから、五輪会場での設置は長年に渡って続けてきた。

昨年8月の北京五輪でも、開閉 会式が行われた北京国家体育場をはじめ18会場に計25画面を設置。

また、国内でも西武ドーム(埼玉県所沢市)や、京セラドーム大阪(大阪市西区)などに 設置しており、「多くの人が注目するスポーツイベントなどで、パナソニックのブランドを国内外で高める効果があった」(パナソニック関係者)と広告効果も 発揮していた。

 ただ、最近は中国や台湾など新興海外メーカーから安価な類似製品が投入されるようになり、パナソニック製品は「質は高いが高価格で手が出しづらい」(大 手電器メーカー)と劣勢を強いられていた。

 “選択と集中”による構造改革の一環として、すでに携帯音楽プレーヤーの生産も、昨年末に中止したことも明らかになっている。

夢も希望も無い三流会社に成り果てた。

松下の名を捨て、横文字になり一見カッコイイが、企業イメージは確実にダウンしている。

いっその事、テレビ専業会社に成ればよい。

プラズマと共に、地獄へ落ちればいいのだ。

2009032500000024fsibus_allview000

« 「世界最悪の10大独裁者」リスト | トップページ | Google Street Viewの面白画像を集めている「Streetviewr」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28816843

この記事へのトラックバック一覧です: パナソニック 進む不採算事業撤退 大型ビジョン、携帯プレーヤーからも撤退:

« 「世界最悪の10大独裁者」リスト | トップページ | Google Street Viewの面白画像を集めている「Streetviewr」 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ