最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 恋人からの暴力被害「DV」状況 | トップページ | 「卑弥呼の宮殿」邪馬台国論争が再燃 »

<定額給付金>「差し押さえも」福島・川内村が村税滞納者に

一部で支給が始まった定額給付金を巡り、福島県川内村が村税滞納者に対し、給付金を受け取らず納税に充てるよう求め、応じなければ支給後に差し押さえるとす る文書を送付していたことが分かった。

「差し押さえは制度の趣旨になじまない」との総務省見解に反する可能性があり、同省は事実関係を確認する方針。見解 に従う自治体が多い中、公平性の面からも議論を呼びそうだ。

 給付金を巡っては、総務省が1月に配布した指針の中で「市町村による差し押さえは『家計への緊急支援』という制度の第一の趣旨に合致しない」との見解を示している。

 川内村住民課は「総務省見解を踏まえ、あくまで自主的な納税をお願いしている。応じない滞納者の口座に残高があれば差し押さえるのが自治体の義務」と強 調。

 08年12月に県に差し押さえの可否を問い合わせた奈良県御所市は「滞納者への支給を疑問視する声もあるが総務省見解には従わざるを得ない」と実施を見 送った。

別の自治体の担当者も「国民に使ってもらうことが制度の趣旨であり支給の前後を問わず、どこの自治体も差し押さえはしないと思う」と話した。

悪意で税金等を滞納している輩も多いので、この様な発想になるのだろうが、給付金は、例外として考えるべきではないのか。



« 恋人からの暴力被害「DV」状況 | トップページ | 「卑弥呼の宮殿」邪馬台国論争が再燃 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28723586

この記事へのトラックバック一覧です: <定額給付金>「差し押さえも」福島・川内村が村税滞納者に:

» 遠藤雄幸がんばれ [やりちゃんの日記]
福島県にある川内村が、村税滞納者の定額給付金を差し押さえる、と通知したところ総務省がやめさせたらしい。村長の遠藤雄幸氏は、公務中に時間を割いて滞納者を個別訪問の上謝罪するのだという。職務に忠実であろうとしたこの村長を誰が非難できるというのか。 麻生首相はこの定額給付金に関して地方自治体に一定の裁量を持たせるかのような発言を繰り返していたが、現実には事務負担を押し付けるだけの結果になっている。尊敬している知り合いの市議さんに迷惑をかけるので詳しくは書かないが、地方行政や地方議会の打ち出した方針へ... [続きを読む]

« 恋人からの暴力被害「DV」状況 | トップページ | 「卑弥呼の宮殿」邪馬台国論争が再燃 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ