最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 友達なのに違うと辛い事ランク | トップページ | Mac OS「Snow Leopard」、6月8日開幕のWWDCで発表へ »

「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで-石原都知事

「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで-石原都知事


 東京都の石原慎太郎知事は27日の定例記者会見で、北朝鮮が弾道ミサイルの発射準備をしていることに関連し、「こんなことを言うと怒られるかもしれないが、変なものが(日本の)間近に落ちるなんてことがあった方が、日本人は危機感というか、緊張感を持つんじゃないかな」と述べた。

 その上で、「(日本人は)まあ大丈夫だ、まあ大丈夫だ(という意識)で来たわけだから」と話した。

外国からの攻撃などに対する国民の危機意識の薄さを指摘したとみられるが、批判も出そうだ。


云いたい意味は理解できる。

この方、何を云っても曲解されるようだ。

言い方が悪いのか、不遜さが表に出るのか、何かを云う度に世間を賑わせて来た。

作家さんだから、言葉の使い方は十二分に分かっているはず。

その上で、語ってくれたら賛同する人も増えるのだが・・・

« 友達なのに違うと辛い事ランク | トップページ | Mac OS「Snow Leopard」、6月8日開幕のWWDCで発表へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28835823

この記事へのトラックバック一覧です: 「間近に落ちた方が国民に緊張感」=北朝鮮ミサイルで-石原都知事:

« 友達なのに違うと辛い事ランク | トップページ | Mac OS「Snow Leopard」、6月8日開幕のWWDCで発表へ »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ