最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 松本人志さんの、監督映画二作目は『しんぼる』・・からの連想 | トップページ | 両家会議で紀香の父が激怒…  「裏側の部分もある」 陣内父 »

大阪派遣村 生活保護狙いかい?

年末年始に東京・日比谷公園で開かれた「年越し派遣村」をモデルに、職や住居を失った人たちを対象にした相談会が21日、埼玉、大阪、愛知で開かれた。

 派遣社員らの失業がピークを迎えるとみられる年度末、各地の会場で、窮状を訴える人たちが列を作った。


就職相談ではなくて、生活保護相談ではないのか。


大阪にもいわゆる派遣村が登場した。

大阪市役所前では、労働組合や支援者組織など32団体で作る実行委員会が「反貧困・春の大相談会」。

土日の時限開設である。

職相談 生活相談 医療相談などが、出来るようだ。

これだけ失業者が増えている状況では必要かも知れない。

しかし気になるのは、相談即生活保護になるのではないかと言うことだ。

大した努力もせず、生活保護を頼りに相談する

何とお手軽な事か。


働く気が有るのなら、働く場所は有ります。

あれがイヤこれがダメでは、就職など到底無理です。

生活保護を、渡りに舟とばかりに飛び付くのは、側から観ていて納得出来ません。


私事で恐縮ですが、ドクターストップでも、私は仕事を続けています。

本気で探す気になれば、自分自身に合う仕事は有るはずです。

よしんば、条件に合わなくても、この社会状況では、妥協は必要です。

派遣村に駆け付ける気力が有るのなら、まずは就職を考え面接に行くべきです。

ハナから生活保護ありきでは、余りも卑怯です

そんな連中は、生活保護を受けたとしても、程なく破滅します。

健康なのに仕事をしない奴らは、いさぎよく滅びてしまえば良いのです。

« 松本人志さんの、監督映画二作目は『しんぼる』・・からの連想 | トップページ | 両家会議で紀香の父が激怒…  「裏側の部分もある」 陣内父 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28728440

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪派遣村 生活保護狙いかい?:

« 松本人志さんの、監督映画二作目は『しんぼる』・・からの連想 | トップページ | 両家会議で紀香の父が激怒…  「裏側の部分もある」 陣内父 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ