最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 「テポドン」発射、北朝鮮が危険区域を指定 | トップページ | 美味しんぼ 和歌山編 醤油 »

卵かけご飯 ネコマンマ 貧食流行か

<ロングセラー食品>内食ブームに乗り好調 安さと懐かしさが財布のひも緩ませ

 ◇味の素/マルタイラーメン

 景気悪化による“内食”ブームに乗り、発売開始から1世紀、半世紀を経過したロングセラー食品の復調、堅調ぶりが目立つ。消費低迷の逆風の中、懐に優しいだけでなく、懐かしさが財布のひもを緩ませるキーワードのようだ。

  08年の家庭用うま味調味料の販売量は前年比5%増となり、3年ぶりに年間3000トンを回復した。市場を引っ張ったのがシェア95%で今年発売100周 年を迎える「味の素」。

昨年4月にテレビCMで「卵かけご飯に味の素」を提案。安価で幅広い世代が懐かしむ卵かけご飯人気に乗り、復活した格好だ。

  59年から棒状ラーメンを製造販売するマルタイ(福岡市)も昨年1月に棒状ラーメンを8~10%値上げしたが、年間の売上高は27%増。

最古参の定番商品「マルタイラーメン」は2食入り145円。「競合する商 品は多数あるが、1食あたり約70円の割安感が消費者を引きつけた」と本山勝義経理部長は話す。

 卵かけご飯に似た「ねこまんま」もブーム だ。1月22日に出版された「おとなのねこまんま」(泰文堂)は、料理本では異例の6万部を発行。

温かいご飯にケチャップ、バター、コーン、パセリをかけ たオムライス風ご飯など、1食原則30円のレシピ136種が収められており、読者の4割を占めるという男性に人気なのが特徴だ。

味の素たっぷりの卵かけご飯、とても旨いし食べやすい。

するすると胃に流れ込んで行くようだ。

卵かけご飯も旨いが、それが流行るとなると微妙に心持が悪い。

少なくとも、外国には喧伝しないで欲しいものだ。

いわゆる、ネコマンマも同じで経済的困窮を、外に向かって訴えてるようなものだ。

「武士は喰わねど高楊枝」精神は何処に行ってしまったのだろう。

マルタイ棒ラーメン 現存するインスタント麺の中では一番の旨さだ。

オリジナルの味も良いが、味噌・九州・とんこつ 最近発売された長浜ラーメンも秀逸だ。

50年くらい前には、様々なメーカーのインスタントラーメンが店に並んでいた。

地方の製粉会社が、競って発売したのだ。

私が好きだったのは、粉河製粉のビタラーメン。

一種独特の味がしていたが、なかなか旨い製品であった。

しかし、卵かけご飯や、インスタントラーメン・ネコマンマが流行るとなると、50年前の経済状態に戻ってしまったような気になる。

この状況がなかなか飲み込めない。

卵でもかけてみようかね。

Neko_03

« 「テポドン」発射、北朝鮮が危険区域を指定 | トップページ | 美味しんぼ 和歌山編 醤油 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28569589

この記事へのトラックバック一覧です: 卵かけご飯 ネコマンマ 貧食流行か:

« 「テポドン」発射、北朝鮮が危険区域を指定 | トップページ | 美味しんぼ 和歌山編 醤油 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ