最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 1万円だけでいい?強盗がお釣りくれた | トップページ | 「離婚届けに印鑑押したが…」陣内がテレビで“生”釈明 »

新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」

新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」はコピペ、プッシュ通知、Spotlightなどサポート

Appleが3月17日(現地時間)、iPhone/iPodtouch向けの次期OS「iPhone OS3.0」の概要を明らかにした。 新バージョンではカットやコピー&ペーストがサポートされるほか、プッシュ通知機能、検索機能など多数の機能向上が図られている。

 米Appleは3月17日(現地時間)、米国で報道関係者向けの説明会を開催し、iPhoneおよびiPod touch向 けの次期OS「iPhone OS 3.0」で実装予定の新機能を明らかにした。

iPhone OS 3.0を搭載した次期iPhoneは今夏発表予定で、既存のiPhoneへのアップデートは無料で提供される。

なお初代iPhoneでは、新機能の一部は 利用できない。iPod touch向けのアップデートは、9.95ドルになる。

コピー&ペーストをサポート、検索機能Spotlightも実装

 iPhone OS 3.0では、1000の新しいAPIを開発者向けに提供しており、これまでよりもさらに柔軟かつ自由なアプリケーション開発が可能になる。この日の発表で明らかにされた新機能の中でも、特に注目に値するものは大きく8つが挙げられる。

  1. カット、コピー、ペースト機能
  2. Spotlight(端末内検索機能)
  3. アプリ内での決済
  4. Bluetoothによるペアリング不要のP2P接続
  5. アプリへのプッシュ通知
  6. マップのアプリ内利用
  7. 周辺機器との通信、制御
  8. iPhone/iPod touch内の音楽ライブラリーアクセス

 日本のユーザーに限らず、世界のiPhoneユーザーに大きなニュースとなるのが、カット/コピー/ペースト機能のサポート。これまでiPhoneではコピー&ペースト機能がサポートされておらず、長らく改善要望の筆頭にあげられていた。

 Spotlightのサポートは、アプリの起動の仕方も変えうる大きな変更となる。Spotlightはホーム画面のさらに左側に用意され、フ リックすることで呼び出せる。

 アプリ内での決済機能は、これまでApp Storeで売り切り方式で提供するしかなかったアプリの販売方法を大きく変える仕組み。

アプリの中でiTunesのアカウントを利用した決済に対応する ことで、例えばゲームアプリで追加のステージを有料販売する、電子コミックアプリで続刊をアプリ内で販売する、観光ガイドアプリで地域別のコンテンツを個 別に販売する、といったことができるようになる。

日本のケータイアプリなどで一般的な、月額課金モデルでの販売にも利用できる。

 この方式でも、追加の料金などは発生せず、従来のアプリ販売と同様にAppleの手数料は30%。残りの70%は開発者側に支払われる。

 BluetoothによるP2P(ピア・ツー・ピア)接続は、BluetoothとBonjourを利用して実現する1対1の接続機能だ。

接続相 手は自動的に検出するため、一般的なBluetooth機器同士の接続のようなペアリングの作業は不要だという。

 アプリへのプッシュ通知機能は、開発者側のサーバからAppleのサーバ(Apple Push Notification service)を経由してiPhoneやiPod touchのアプリへアラートを送れる機能。

 マップのアプリ内利用機能を使うと、モバイルGoogleマップを閲覧できるマップアプリケーションをアプリ内で使えるようになる。アプリから簡 単に地図を呼び出し表示できる。

 周辺機器との通信、制御機能は、Dock ConnectorとBluetoothでの接続がサポートされる。

例えばスピーカーに接続した際にイコライザー操作ができるアプリや、FMトランスミッ ターを接続すると周波数設定ができるアプリなどが作成できる。

このほか、血圧計と接続し、血圧を測ってデータをメールなどで送信するアプリなども実現でき るようだ。

 iPhone/iPod touch内の音楽ライブラリーアクセス機能は、端末内の音楽、Podcast、オーディオブックなどのデータを再生可能にするもので、標準のiPod機能にはない独自の再生機能を持ったアプリなどが作成可能になる。

そのほかにも多数の改善

 ここまで挙げた8つの大きな改善点に加えて、さらに細かな機能向上も多数盛り込まれている。

 メールには、写真が複数添付可能になるほか、MMSを利用して写真やvCard形式の連絡先、音楽ファイル、自分の現在いる場所などを送ること も可能になるとのこと(日本でのサポートがどうなるかは不明)。

メールを含む文字入力を利用するシーンでは、すべて横画面(ランドスケープモード)での入 力をサポートし、より大きなキーボードでの文字入力が可能になる。

 そのほかにも、アプリ内で動画を再生する場合に、接続形態(無線LAN、3G、GSM)に合わせて映像のクオリティを変更する機能や、SMSの フォワード・個別削除、ボイスメモ、株価アプリの詳細情報(高値/安値表示、チャートのランドスケープモード表示)、ステレオ音声のBluetooth出 力やA2DPサポート、メモのシンクロ、“shake to shuffle”機能、無線LANのオートログイン、iTunesアカウント作成、YouTubeレーティング、ペアレンタルコントロールなどなど、枚挙 にいとまがない。

 なお、iPhone OS 3.0には、iPhoneをPCのワイヤレスモデムとして利用する“tethering”と呼ばれる機能も搭載されるようだ

日本ユーザーの望む、ワンセグ・絵文字が搭載されるかは今のところ不明。

、日本市場を重視するなら、日本版iPhoneが必要だろう。

イメージロゴ

L_os_ipos301jpg_2

« 1万円だけでいい?強盗がお釣りくれた | トップページ | 「離婚届けに印鑑押したが…」陣内がテレビで“生”釈明 »

ニュース」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28672847

この記事へのトラックバック一覧です: 新型iPhoneは今夏発表──「iPhone OS 3.0」:

« 1万円だけでいい?強盗がお釣りくれた | トップページ | 「離婚届けに印鑑押したが…」陣内がテレビで“生”釈明 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ