最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 日本人の誇りを奪い堕落させるパチンコ。 やめろ。 | トップページ | デパオク遊園地、絶滅寸前 »

シャープ 亀山ライン売却案か

シャープ、液晶パネル中国生産検討 亀山ライン売却案も

 シャープは、薄型テレビ向け液晶パネルの生産を海外にシフトする検討を始めた。

中国の大手電機メーカー上海広電集団と提携し、中国内で生産する方向で同 社と交渉に入っている。

急激な円高で採算が悪化しているためで、国内では旧世代の設備となる亀山第1工場のラインを売却し、中国に移転す る案も浮上している。

しかし、円高が進んでいることや、サムスン電子など韓国、台湾勢との価格競争が強まっていることから、旧 世代では海外に生産を移すことが適切だと判断した。

 亀山第1工場は04年1月に稼働し、「第6世代」と呼ばれる大型パネルを生産してきた。

景気の減速で昨秋以降、世界的に液晶テレビ市場が縮小する なか、シャープは在庫圧縮のため減産に着手しており、現在は携帯電話など中小型液晶向けに切り替えるためラインを一時停止している。

亀山では第2工場で 「第8世代」パネルを製造している

液晶のシャープも四苦八苦か。

亀山の、ラインの売却なども検討しているようであれば尚更である。

堺工場の生産開始にも、大きく影響してくる話だ。

コスト面で外国勢に遅れをとるシャープ。

技術面でも、大きな優位性は保てなくなっている。

さて、中国メーカーとの提携は吉か凶か?

亀山工場全景

Sharp

« 日本人の誇りを奪い堕落させるパチンコ。 やめろ。 | トップページ | デパオク遊園地、絶滅寸前 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28311909

この記事へのトラックバック一覧です: シャープ 亀山ライン売却案か:

« 日本人の誇りを奪い堕落させるパチンコ。 やめろ。 | トップページ | デパオク遊園地、絶滅寸前 »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ