最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 女性が飲み会で引いてしまう男性の行動ワースト30 | トップページ | 小さな幸せランキング »

目潰しの刑 執行へ  イラン


女性失明事件の加害者に「目には目を」の刑執行へ イラン


テヘラン(CNN) イランの裁判所で、女性の顔に酸をかけて失明させたとして有罪となった加害者が、イスラム法の「目には目を、歯には歯を」の原則に従い、同じ方法で失明させる刑罰を受けることが確定した。


被害を受けたのはアメネ・バハラミさん(31)。

2002年、大学で電子工学を学んでいた24歳の時、同じ大学に通う当時19歳のマジド・モバヘディ受刑者に出会った。

モバヘディ受刑者はバハラミさんに近づこうとしたが、拒否されるといやがらせを繰り返し、「結婚を承諾しなければ殺す」などと脅迫した。

2004年11月、勤務先の会社から帰宅しようとバス停へ向かっていたバハラミさんを同受刑者が襲い、顔に酸を浴びせた。

バハラミさんは重傷を負って視力を失った。


一部の人権団体などからは「残酷すぎる」と批判の声が上がっているが、バハラミさんは「復しゅうが目的ではない。今後同じ思いをする人がないようにとの願いから決めたこと」と説明している。

「目には目を、歯には歯を」

日本にも、適用して欲しいものだ。

先日判決があった東京のバラバラ殺人事件

裁判長は、バラバラにし捨てても残酷過ぎないという。

こやつの感覚は、麻痺しているのではないか

バラバラにはバラバラでいいのだ。

被告をイランに送ってやりたい。

« 女性が飲み会で引いてしまう男性の行動ワースト30 | トップページ | 小さな幸せランキング »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

賛成これでいいのだー

裁判員制度、連続であたらんかな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28239090

この記事へのトラックバック一覧です: 目潰しの刑 執行へ  イラン:

« 女性が飲み会で引いてしまう男性の行動ワースト30 | トップページ | 小さな幸せランキング »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ