最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 美味しんぼ  和歌山編スタート | トップページ | もっくんごっくん おくりびと »

透明な頭をもつ深海魚デメニギス

 全長15センチほどの深海魚デメニギス(学名:Macropinna microstoma)。

緑色の球状部分が円筒形の高感度の眼で、戦闘機のコックピットを思わせる頭部から真上に飛び出ている 。

通常の眼の位置にあるのは鼻に相当する器官だ。

アメリカのモントレー湾水族館研究所(MBARI)が、カリフォルニア州中央沿岸部沖の深海で生きたデメニギスを発見した。

まるで、宇宙船か戦闘機の面持ちですね。

生物には、摩訶不思議な種類が、まだまだたくさん存在しているのではないのでしょうか。

Sinnkaigyo



« 美味しんぼ  和歌山編スタート | トップページ | もっくんごっくん おくりびと »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28340412

この記事へのトラックバック一覧です: 透明な頭をもつ深海魚デメニギス:

» 深海魚デメニギス 画像 [クロノトリガー 回避コード r4]
そして!!透明な頭をもつ深海魚デメニギス深海魚デメニギス深海魚デメニギス (Macropinna microstoma) 透明な頭をもつ深海魚デメニギス [続きを読む]

» 深海魚 デメニギスの世界初画像公開 水深700メートル [あの人はこんな方]
水深約700メートルで泳ぐ深海魚デメニギスを撮影した世界初の画像を、米モントレー湾水族館研究所(カリフォルニア州)が公開した。目を保護するため透明なヘルメットのようなものをかぶっており、頭が透けているように見える。近縁種のニギスとはかけ離れた姿で専門家も驚いている。 デメニギスは北太平洋の亜寒帯から温帯域のベーリング海、日本、カリフォルニア沖にかけ、水深500〜1000メートルに生息。体の構造が脆...... [続きを読む]

« 美味しんぼ  和歌山編スタート | トップページ | もっくんごっくん おくりびと »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ