最近のトラックバック

by PODCAST-BP

« 鼻づまりがスッキリ通る着信音 | トップページ | 美味しんぼ  和歌山編スタート »

<和歌山カレー事件> 最高裁で結審 春にも判決

 98年7月に和歌山市で起きた毒物カレー事件で、殺人罪などに問われ1、2審で死刑判決を受けた林真須美被告(47)の上告審弁論が24日、最高裁第3 小法廷(那須弘平裁判長)で開かれ、結審した。

判決期日は後日指定されるが、早ければ今春にも判決が言い渡される見通し。

 被告の関与を直接示す証拠はなかったが、1審・和歌山地裁は02年12月、カレー鍋に混入された亜ヒ酸と真須美被告宅などにあった亜ヒ酸の同一性を認 め、住民の目撃証言などから「混入できる機会があったのは被告のみ」と指摘。

大阪高裁も05年6月、1審の認定を支持した。一方で1、2審とも「動機は不 明」とした。

 弁護側は弁論で「亜ヒ酸を同一とした鑑定には疑問がある、(1人で)混入したとされる時間帯に被告は次女と一緒におり、目撃証言は見間違い」と主張。

検察側は「鑑定は合理的で、目撃証言は信用性が高い」と反論した。

この事件で、マスコミは大騒ぎ、真須美被告本人に取材が殺到。

一躍、真須美被告は時の人となった。(毒婦扱いだが)

同意に、夫である林賢治氏にも疑惑が噴出、併せて真須美被告の疑惑が確定的になった。

賢治氏がらみの疑惑が、事の本質を見え難くした感がある

事件が有った現場付近には、私の友人も住んでおり、その友人は真須美被告真犯人説には懐疑的であったのだ。

マスコミが、真実を見え難くした典型的な事象である。

Photo

« 鼻づまりがスッキリ通る着信音 | トップページ | 美味しんぼ  和歌山編スタート »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1119471/28352001

この記事へのトラックバック一覧です: <和歌山カレー事件> 最高裁で結審 春にも判決:

« 鼻づまりがスッキリ通る着信音 | トップページ | 美味しんぼ  和歌山編スタート »

2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ